総合設計・構造設計・耐震診断/総合設計事務所/建築総合コンサルタント

株式会社あい設計

採用情報

現在のページは
ホームの下層の
採用情報の下層の
先輩メッセージの下層の
【構造設計】織笠 千春です。

先輩メッセージ

構造設計

構造設計室
織笠 千春

(2017年入社/豊橋技術科学大学大学院 工学部 建築・都市システム学専攻 卒)

社会人になって一番変わったことは何ですか?

休日を大事に過ごすようになったことです。
平日は仕事を頑張る分、休日は自分の趣味や友達との時間に充て、だらだらとした休日にならないように気を付けるようになりました。

学生時代に学んだことを、今の仕事に活かせていますか?

学生時代に学んだことと共通する部分は多くあると思います。
しかし、学生時代はなんとなくでしか理解できていなかった部分も多く、様々な条件下で設計するということの難しさを痛感しています。
実務に就いてから改めて教科書を開くと新たに勉強になることも多く、今でもデスクの引き出しには教科書が入っています。

仕事とプライベートの両立はできていますか?

両立できていると思います。
名古屋に住み始めて1年半が経ち、近所に住む地元の方々と積極的に交流することで、お祭りのお手伝いをさせていただいたり、一緒にご飯に行く友達ができたりと、プライベートでも楽しい毎日を送っています。

あなたにとってあい設計の魅力は何ですか?

年齢の近い先輩が活躍している姿を身近に感じることができるところです。
若いうちからたくさんの経験を積み、知識豊富な先輩方がたくさんいるので、質問する機会も豊富ですし、自分への良い刺激となり仕事の意欲も高まると思います。

記念すべき初仕事は何ですか?

配属されてすぐに行った既存建物の現地調査です。
初めての現地調査は見落としていた部分が多く、後のまとめ作業で困った思い出があります。
しかし、この時の経験を踏まえ、次の現地調査では下準備を行ってから当日に臨むことができたため、良い経験だったと感じています。

入社してからの一番の失敗は何ですか?

日常で考えると、多くの失敗があります。
図面の作成一つとっても、書くべき情報が抜けていたり表現の仕方が間違っていたりと、上司から指摘されることは多々あります。
自分の不甲斐なさに落ち込むこともありますが、「最初からできると思っていないから次から気を付けるように。」という上司の言葉に気を引き締め直す日々を送っています。


新入社員研修(講義)

初級技術者研修(キャリアプラン)

ボーリング(スポーツレクリエーション)