総合設計・構造設計・耐震診断/総合設計事務所/建築総合コンサルタント

株式会社あい設計

採用情報

現在のページは
ホームの下層の
採用情報の下層の
先輩メッセージの下層の
【意匠設計】加藤 千晶です。

先輩メッセージ

意匠設計

建築設計室
加藤 千晶

(2016年入社/九州大学大学院 芸術工学府 デザインストラテジー専攻 卒)

入社を決めた理由や、入社までの経緯を教えてください。

もともと組織設計事務所を志望していました。
卒業設計で葬祭場を設計したため、あい設計のホームページであじさい聖苑の実績を見て興味を持ったのがきっかけです。
他社にはない、構造設計に強みを持っている部分にも魅力を感じ、入社を決めました。

学生時代に学んだことを、今の仕事に活かせていますか?

学生時代の知識をそのまま業務で活かせる、ということは正直少ないです。
ただ、学生のときに蓄積した建築家の作品やデザインについては、建物を設計する際にこうしたい!と考える時の参考になります。
イメージを伝えるための体験があることは財産になると思いますので、学生の方には学生のうちに是非実際に色々な空間を体験してもらいたいと思います。

あなたにとってあい設計の魅力は何ですか?

若い人が多いため、意見を言いやすいかつ通りやすい、という部分があると思います。
あい設計にとって意匠設計に力を入れ始めたのは構造設計に比べればまだ最近のことなので、発展途上の中でどれだけ自分が発展に貢献できるか、という面白さがあると思います。
また、構造設計者との距離が近く、気軽に相談できるのもあい設計ならではと感じています。

就職活動中の学生に向けてのアドバイスをお願いします。

就職は、人生の上で決して小さくはない分岐点です。
ですので、きちんと自分自身の希望や目標を把握することが重要だと思います。
その上で様々な会社を見て、話を聞いて、いいなと思う会社を選択することが一番良いと思います。
(その選択肢の中にあい設計が入っていればなお良いな、と思います。)

思い入れのある作品(建築実績)はありますか?

まだ設計途中ですが、宮島の地域拠点施設は思い入れのある作品になると感じています。
おそらく、竣工したら宮島に行く際は必ず見に行ってしまうと思います。
宮島ならではの規則や、土木設計との調整、DBのため建設会社との連携など、たくさん頭を悩ませることはありますが、多くの人に協力していただき何とか一歩ずつ進んでいっています。
市役所の方も含めみんなが一丸となって良い建物を作ろうとしている空気があり、その気持ちに応えられるよう頑張らねば、と自分を戒めることも多いです。
解体業務もあるため通常の設計業務より工程が長く、この施設が完成するときには私は29歳になっています。
30歳になって自分を振り返ったときに、この建物は私の心の中に一つの芯として存在していると思います。
未来の自分に恥じない建物となるよう、真摯に向き合って設計したいと感じています。

また、最近ようやく自分が携わった建物が1件竣工しました。
入社1年目から提案書作成、プレゼン資料作成、特定、基本設計、実施設計、申請、現場対応、竣工と一連の流れに関われたことは幸運だったと思います。
現場では、図面の重さ、決めることの責任を痛感するようなシビアな面にも直面し、辛いこともありましたが、自分が書いた提案の内容がほぼそのまま実現した姿を見たときは本当に本当に嬉しかったです。


担当物件(進行中)

仕事風景(現地調査)

初級技術者研修会(発表)