総合設計・構造設計・耐震診断/総合設計事務所/建築総合コンサルタント

株式会社あい設計

採用情報

現在のページは
ホームの下層の
採用情報の下層の
先輩メッセージの下層の
【意匠設計】松岡 彩果です。

先輩メッセージ

意匠設計

企画設計室
松岡 彩果

(2017年入社/九州大学大学院 芸術工学府 デザインストラテジー専攻 卒)

現在の仕事内容は何ですか?

現在は、新築の中学校のプロポーザルに参加しています。
近年の学校は子ども達だけのものではなく、日常のコミュニケーションや災害時の避難施設として、街の人にとっても大事な場所であると言えます。
学校施設が変わることは、街が変わることに繋がります。
その土地の風土や歴史はもちろんのこと、最新の教育学や社会の政策・目標を学びながら、どのような建物であればその土地に受け入れられ、街や環境にプラスに働くかを考えながら計画を行っています。
ゼロから建築を生み出すことは非常に難しいですが、やりがいを感じています。

職場の雰囲気はどうですか?

比較的上司の方も30~40代の若い人が多く、若手の意見も積極的に受け入れてもらえるので、自分の考えや提案などを発言しやすい雰囲気だと思います。
わからないことも聞きやすい環境です。
休日は年齢や役職を問わず、建築設計室の皆でフットサルやキャンプに行ったりして、楽しく過ごしています。

学生時代に学んだことを、今の仕事に活かせていますか?

学生時代で学んだ内容の中で特に仕事に繋がっていることは、座学で学んだことよりも、ワークショップへの参加やフィールドワークなどの外に出て活動を行ったことです。
また、大学学科の特性上、グラフィックやプロダクトのデザインや地域ブランディングなど、一見建築と関係なさそうな広域な勉強をしてきたことが、意外と今の実務に活かされていることも多くあります。
大学内での活動以外にも、サークル活動やアルバイト、遊びの中で得た経験も役に立つことが結構あります。
学生時代は、建築の勉強以外のことも広く興味を持ち、いろんな社会を見て経験値をたくさん積んでおくことをお勧めします。

あなたにとってあい設計の魅力は何ですか?

私が思うあい設計の一番の特徴は、扱う用途や構造を絞らず、様々な建築に挑戦しようとする設計事務所だということです。
色々な種類の建物を経験できるので、自分の力になると思います。
やってみたい用途や構造など、希望すれば担当になれることもあります。

思い入れのある作品(建築実績)はありますか?

現在、施工中でまだ建物は完成しておりませんが、大学の国際交流拠点施設は、自分の代表作品の一つになると思います。
プロポーザルで初めて自力でプランニングから計画を行った物件で、競合他社の提案の中から見事選定していただきました。
プロポーザルで提出したパースを他の社員やメーカーの方が見て、ぜひこの建物を見てみたいと言っていただいたことがかなり印象に残っており、その言葉に応えるべく設計を行いました。
特に、環境シミュレーションやBIMでの空間検討など、新しい設計ツールを用いて検討を行う機会を与えていただき、机上で検討したものが実際に形になる過程を楽しみにしています。
これからの工事監理の中でも多くの知恵をいただきながら、施主や利用する方々に喜んでいただける建物になるように頑張りたいと思います。


担当物件(進行中)

スノボ(会社の同僚と)

仕事風景